【カスタマイズ例】Aipoアプリでマッシュアップ!

Aipo6より利用できるAipoアプリ、皆さんご活用されていますか?

AipoアプリはAipoストアよりインストールすることができますが、独自のアプリ制作も通常のWebアプリを作るイメージで進める事ができます。
一度作ってみると意外とハードルは低いように思われるかもしれません。

さて、Aipo工房の方でもいくつかサンプルを用意してみました。
Aipoアプリを作成すると社内外に散らばっているシステムやサービスの情報をぎゅっと集約してAipoの中に表示する事ができます。
今までのようにこのサービスはこのURL、あのシステムはこのURLという煩わしい使い分けをしなくても必要な最新情報はAipoを開けばそこにあるのです。

さて。これらのサンプル群はAipoアプリの仕組みに加え、OpenSocialガジェットを簡単に作成し、他サービスと連携させる事を目標に進化中のニッポンクラウド・ワーキンググループ(NCWG)のサムライクラウドの基礎技術も応用してわずか数時間で制作したガジェットです。
これらはさる2011/12/05にNTTコミュニケーションズ様にて開催されたNCWG第2回会合において発表させて頂いております。

「ShopBank TresTres おすすめ商品表示ガジェット」
弊社開発のEC-CUBEをiPhoneアプリから利用可能とするShopBankサービスとの連携ガジェットです。
現在販売中のおすすめ商品を一覧します。
リンクをクリックすると本家ECサイトの商品詳細ページを表示するので、そのまま購入に進む事もできます。
自社運営ECサイトのチェックや、プライベートな社内販売サイトへの導入をグループウェアから行うような利用方法を想定して制作しました。

ShopBank TresTres おすすめ商品表示ガジェット

ShopBank TresTres おすすめ商品表示ガジェット

「redmineチケット表示ガジェット」
システム開発の現場でよく利用されるTODOや不具合の管理をするredmineとの連携ガジェットです。
自分が担当しているタスクの管理や緊急性の確認等のプロジェクト内コミュニケーションに弊社でも利用しています。
このガジェットでは自分の上記点をポータル上から簡単に確認可能とするを想定して制作しました。

redmineチケット表示ガジェット

redmineチケット表示ガジェット

以上二つのサンプルをご紹介しました。

いずれもWebのAPIが用意されていますので、簡単にマッシュアップを行ってAipoの中に表示をすることができました。
今後のAipo工房のカスタマイズもこれらの技術を応用して「柔軟な社内ポータルのご提供」を目指したカスタマイズをお客様にご提供して行きたいと思っています。

社内ポータル、サービス統合のご相談。お待ちしております^^