【カスタマイズ例】施設のグループ化

Aipoには施設管理機能があり、施設予約を行う事ができます。
しかし、組織が大規模であったり管理する施設が多い場合、施設をグループ化すると管理や選択がしやすく便利です。

今回はAipoの施設をグループ化した例をご紹介させて頂きます。

こちらは全ての施設の利用状況を表示している状態です。
全ての施設リスト

ここで「施設一覧」のリストを開くと、下記のように施設グループが表示され、絞り込みを行えるようにカスタマイズを行いました。
3_facility_list1

施設グループを選択すると、下記のように施設一覧が絞り込まれますので施設数が多くても確認がしやすく、使い勝手の向上に役立っています。

施設グループの選択

もちろんスケジュールに施設を割り当てる際も、この施設グループによる絞り込みを行う事が可能です。

施設の選択

最後に施設グループのメンテナンスですが、管理画面の施設管理をカスタマイズして施設情報に対して「施設グループ」を指定できるよう拡張を行っています。

施設グループ管理

このように、Aipoは組織や保有する施設の数に応じて使い勝手を向上させるカスタマイズを自由に行って頂くことができるグループウェアです。